ご提案までの流れ

ご相談から提案までの流れ

弊社は、電源設備のライフサイクルエンジニアリングを提案します。

メンテナンスのプロ集団として環境調査・設備診断によるコンサルティング・予防保全を提案します。運用管理・保全支援を通して、お客様設備の安定運用を提供いたします。

ご相談の受付

自家発電設備の新規設置や設備更新、電力の安定化、「電気事業法」第27条に基づく電力使用制限への対応、省エネルギーに関して、お気軽にご相談ください。

これから新規に設備や施設を設計される場合は、基本構想の段階からお声がけ頂ければ、さらに効果的な提案が可能です。

お打ち合わせ

お打ち合わせ 写真貴社の業種、事業内容、取り扱い製品やサービス、保有設備、立地環境を考慮しながら、ご要望をお伝えください。

適用できる技術、改善策の方向性、ならびに活用できる公的支援制度等について説明いたします。

その後の現地調査や提案までのスケジュールについてお打ち合わせいたします。

現地調査

電気主任技術者様を交えて机上での書類確認の後、実際に現場を確認いたします。

現場確認においては、自家発電設備にかかる負荷設備を把握するほか、既存設備の種類や使用状況、経年状況について調査いたします。

ご提案

ご希望の期日までに、見積提案書を提出いたします。

解決すべき課題・改善の方向性・適用する技術や設備について説明します。

調査範囲内での提案ですので、追加で考慮すべき事項がございましたら、継続して提案内容のすりあわせを行います。

当社の特長

当社の商品やサービスの特長

  • 最新技術を積極的に取り入れると共に、これまで培ってきた実績に基づいて電源の効率化と安定化に配慮したバランスの良い提案をします。
  • 大手メーカーの正規代理店として、品質が安定した設備を導入します。
  • 企画提案から設置工事、保守点検、修繕まで、一貫してトータル的な技術サービスを提供できます。

技術面・法規制面からの提案

小型発電機から大型発電機まで、常用型および非常用型、コージェネレーションシステムさらにはESCO事業まで、自家発電設備に関する地域のトップリーダーとしてあらゆる技術に対応し、提案できます。

「電気事業法」「消防法」「建築基準法」「大気汚染防止法」「騒音規制法」「振動規制法」など、自家発電設備に関連した法規制に精通し、アドバイスいたします。

官公庁への手続き支援

都道府県や市町村などの地方自治体ごとに異なる条例等を調査し、設置要件の確認や申請手続き、必要書類作成に関する助言、官公庁への届出のアドバイスなど実務面で支援いたします。

導入後のアフターフォロー

導入後のアフターフォロー 写真設置後は、日常点検から年次点検、6年次点検、12年次点検など、ご要望に応じたアフターサービスに対応できます。

点検においては、単なる合否判定だけではなく、原因の特定と改善策の提案もいたします。

不良箇所を修理するという事後保全の他、設備の長寿命化やトータルコストの削減に向けた予防保全の観点で提案いたします。

主任技術者への説明

新たに設置した設備について、操作手順・日常点検箇所・復旧手順などを電気主任技術者様に説明し、引き渡しいたします。

保守点検では、点検報告書を提出いたします。

運用に関する問い合わせ対応

引き渡し後の運用について、各種問い合わせに対応いたします。