常用自家発電設備

設備の概要

用途と仕組み

常用自家発電設備 写真常用自家発電設備とは、電力会社からの電力供給に関係なく、文字通り常に稼働させることを原則として発電を行うものです。

ディーゼルエンジン、ガスタービン、ガスエンジンの原動機力を用いて常時発電を行い、電気代の削減や電力会社からの電力供給に頼らない電源を自前で確保することを目的とした設備です。

原動機力の種類

ディーゼルエンジン
ディーゼルエンジンは、シリンダ内に吸い込んだ空気をピストンで圧縮し、高温となった圧縮空気中に燃料を霧状に噴射して自己点火を起こし、爆発燃焼させて動力を得る方式です。
ガスタービン
ガスタービンは、まず、圧縮機で空気を吸い込んで圧縮し、燃焼器で燃料を燃焼して圧縮空気を過熱します。高温高圧となった燃焼ガスは続くタービンで膨張仕事をし、熱エネルギーが機械エネルギーに変換されます。
冷暖房や給湯など熱の需要が多い用途に適しており、コージェネレーションシステム(CGS : Co-Generation System)としてホテル・病院・大型事務所ビル、あるいは多量のプロセス蒸気を使用する工場などに採用されています。
また、振動が少ない、冷却水が不要などの利点もあります。
ガスエンジン
ガスエンジンは、シリンダ内にミキサーを通して吸い込んだ混合気(空気と燃料ガス)をピストンで圧縮し、高温高圧となった燃焼室に点火プラグで火花着火し、爆発燃焼させて動力を得る方式です。
熱の需要が主体となる用途に最適で、コージェネレーションシステム(CGS : Co-Generation System)として、都市ガス供給が発達した都市部ホテル・病院・学校・事務所ビル・食品工場などに採用されています。

導入メリット

非常用・防災用電源として利用可能
一定規模以上の建築物に設置が義務づけられている「防災用非常用発電設備」。常用自家発電設備を2台以上設置することによって、防災用発電装置として兼用でき、電力のトータルコストを削減することができます。
発電排熱を回収利用し、エネルギーの効率アップ
商用電源との併用、並列運転(系統連係)、コージェネレーションシステム(CGS : Co-Generation System)などにより、さらに省エネルギー・コスト削減が期待できます。
商用電源との並列運転(系統連係)で、より安定した電源供給が可能
常用自家発電設備は、商用電源と同じ品質の電圧・周波数の電力を供給します。常に安定した電源を供給することが可能です。